スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表彰式

本日は、コンクール2日目が開催され、午後から、各部門による表彰式が行われました。

初めての方もいらっしゃれば、何度も受賞されておられる方。
また、何度も受賞されておられても、金賞は初めての方。
若い方、お年寄りの方、男性、女性。等、さまざまな方々が、1年間丹精を込め、手塩にかけ育てられたお米の評価をうけ、栄えある受賞をなさいます。

毎年、中にはうれし涙を流される方や、悔しさにリベンジを誓われる方、金賞を取られた生産者と意見を交わされる方、(来年への挑戦がもう始まっているのでしょうか)等、いろいろな場面を御見受けします。

そして、農業高校生をはじめとする若者はもとより、かなりお年を召された方も、笑顔が輝き、いきいきとされている光景を拝見して、それだけで、コンクールを開催する私共も大変うれしく、また、今後もコンクールを大切に守り、育てていきたいと心から思える瞬間でもあります。

国際
国際集合
栽培別
都道府県

本年も、全ての受賞者が決定し、コンクールを無事終える事が出来ました事を、木島平村の皆様をはじめ、コンクールに関わる多くの方々、そして何より、日本の農業を支え、日々努力なさっている多くのご出品者様並びに、受賞者様、に心より感謝申し上げます。

受賞者の発表は順次行っております。

只今のところ、”国際 総合部門””都道府県代表お米選手権” はノミネート者より確認できます。

よろしくお願い致します。
スポンサーサイト

米・食味分析鑑定コンクール 開幕!

本日より、長野県木島平村にて、第14回 米・食味分析鑑定コンクール:国際大会 が開催されます。

本年度は、国際 総合部門、都道府県代表 お米選手権、栽培別部門、全国農業 お米甲子園、小学校部門など
合計、138名が木島平村にて、金賞、特別優秀賞の栄誉をかけ競い合うコンクールとなりました。

コンクール史上最高の出品数のお米が展示され、

出品検体

全国・海外からも多くの生産者や流通にかかわる人々が集まります。

ぜひ、多くの方々にご参加頂き、世界に誇る、日本の米コンクールを体感して頂ければと思っております。

本年度のお米の集大成の会場にて、皆様にお会いできるの楽しみにしております。

会場

いよいよ発表です。

2回のチェック
チェック3


チェック打ち込み

を終え、

ノミネートの選定に昨日入り、昨日、本日と、ノミネートのご連絡を行っております。

今回、3次審査に進出(ノミネート)されることになりました、皆様、おめでとうございます。
心よりお祝い申し上げます。

尚、本日中に、FAX・TELにてご連絡が入らない場合は、残念ながら今回はノミネートされなかった事になりますが、16日には、ホームページでもノミネート者の発表がございますので、ご確認ください。
また、ノミネートを惜しくものがされた出品にも、非常に惜しい数値、または、非常に高い食味値もしくは、味度値の方もいらっしゃいます。

12月の中旬には、コンクールの結果(数値)をお知らせ出来る予定です。

海外は只今分析中ですので、総出品数はもう少し増える見込みです。

たくさんのご出品の中で競われたお米の数値。
ご確認いただけるのを楽しみにしてください。

いよいよ。7日締め切りです!

いよいよ、第14回 米・食味分析鑑定コンクールも7日の締め切りまで、後、2日となりました。

今年は、例年より、早いペースでのご出品を頂いており、例年より現時点での出品数が多い状況です。

本年は、かなりのペースでのご出品となっておりますので、おそらく、昨年よりもさらに
出品数は増えるのではないかと予想しておりますが、一方数値のほうは、食味計、味度計、ともに
例年になく、大きく荒れております。

最終、たくさんのご出品があると思われますので、まだまだ、結果は見えてこないのですが、
それでも、本年は特に、結果が見えにくい状況かと思われます。

例年であれば地方により、数値の高低が見られますが、本年は、東の地方、西の地方ともに
数値が拮抗している状況です。

また、食味計と味度計の数値の差があるものも多く、最終まで、状況が読めないコンクールとなっております。

そして、2次進出は、ペースから考えますと、昨年より、若干多い状況です。

皆さまが、丹精を込められた玄米です。


本日、明日が、出品の最終日となると思われます。


この機会に、ぜひとも 米・食味分析鑑定コンクール にご出品頂けますよう、心よりお願い申し上げます。

コンクールパンフレットの請求 締め切り

いつもお世話になり有難うございます。

コンクール事務局より、お知らせがございます。

第14回 米・食味分析鑑定コンクールのパンフレット(資料)請求は、11月3日をもちまして
終了させて頂きます。

11月3日以降に、第14回 米・食味分析鑑定コンクールパンフレット並びに記入用紙などの
資料が必要な場合は、第14回 米・食味分析鑑定コンクールのページ( http://www.syokumikanteisi.gr.jp/14-kon.htm )より、出品概要等のページへ移行頂き、必要書類をダウンロード下さい

よろしくお願い致します。

第14回 米・食味分析鑑定コンクール

鈴木会長

本年も、1年に1度のお米の食味を競う祭典(大会)が近づいております。

今も、生産者様の思いを込めた出品米が、弊会へと続々と送られてきております。

出品数は、昨年をおそらく上回ると思える、スピード、分量となっており
毎日、数名のスタッフが休日を返上し、精一杯の作業で、これに対応しております。

また、本年度は、アメリカ・台湾・中国 等の海外からもコンクール視察に訪れるとの
問い合わせや、メールをいただいております。

毎年、数十検体の海外出品や、台湾その他の国からの視察を迎え、国際大会として
発展してまいりました、米・食味分析鑑定コンクールではありますが、
本年は、ますます、国際大会の雰囲気が高まると、想像しているところです。

10月1日より、受付を行ってまいりました、本大会ではございますが、
11月に入り、いよいよ、締め切りが近付いてまいりました。
お早めに弊会までご出品をお願い致します。

米・食味分析鑑定コンクールは、生産者の情熱と挑戦の舞台です。

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。